とある移植の現場にて

とある移植の現場にて

総務部の徳地です。

先日、大阪市内のとあるこども園にて、ソメイヨシノの移植工事を行いました。

ソメイヨシノは環境変化に弱く、掘取→根巻→移植までをなるべく樹木にダメージが無いよう、慎重かつ迅速に作業する必要があります。

当日は、リーダー社員指導のもと、若手社員数人で作業に取り掛かり、現在の園庭より建設中の新園庭へと無事に移植が完了しました。

移植にあたり枝の切り詰めを行ったため、今年の春は寂しい姿となりますが、来年の春には、入園される子どもさんやご家族を満開の状態でお迎えできるよう、あとはソメイヨシノの生命力に期待するばかりです。

※画像は根巻に奮闘する若手社員とクレーン移植の様子です