いしかわ

総務部 いしかわ

入社して半年が経ち、仕事にそろそろ慣れてきた頃の話です。
剪定の作業が終わり、掃除をしていた時の事でした。
私の背後から『掃除は“上からが基本”‼』という声が聞こえてきました。
振り返ると協力会社の社長でした。
その言葉に始めはピンとこなかったのですが、その社長が脚立にのぼり、剪定作業が終わった木を
上から見て、『ここに枝の取り残しがあるよ』と指摘されました。
下から見ていてもよくわからなかった枝の取り残しでした。
掃除は上から見ながら掃除をしていけば、枝の取り残しがよく分かるし、効率もいい。
協力会社の社長のいっている事がよく理解できました。
人に伝える時に、どのように話せば伝わるのかを教えて頂きました。
また教えてもらう側は、自分に足りない部分を補ってもらえるという謙虚な気持ちで
耳を傾ける事が大事だという事にも気づきました。
そうする事でお互が成長できると感じました。