どい

工務部 どい

入社後に初めて剪定の現場を担当させて頂いた時のことです。

当時の私は剪定の経験もほとんど無く、とても不安な状態で作業をしていました。
自分の能力以上の仕事ではないのか?という事と、作業に追われている状態の中、
仕事の出来映えの美しさ、完成度まで気を回す事が出来ていませんでした。

切り落とした枝葉を落とす場所、タイミング等に気をつけてはいましたが、
当時の私に絶対の自信はありませんでした。
不安な中で剪定を終え、高木から降りた時のことでした。
歩行者の男性から呼び止められました。
私は何か問題を起こし、叱責が待っているのだととても落ち込みました。

ですが、その男性は自分の仕事を褒めて下さいました。
隣で作業していた先輩の仕事と同じように、「綺麗にしてくれましたね、気持ちがいいです」
と言ってもらえ、とても感動しました。
この出来事が私の自信に繋がり、今でも大変な剪定現場での私のモチベーションの源になっています。